リベロエンジニア公式オウンドメディア。

LIFE

エンジニアはどんな作業用チェアを使っている?仕事が捗るおすすめチェアを調査してみた

リモートワークで働く人も多い現代で、最も深刻な悩みともいえるのが「作業用チェアどれがいいのか問題」ではないでしょうか。

作業用チェアが自分の体にマッチしているか否かで、仕事の進み具合や私生活の楽しさが丸っきり違うといっても過言ではありません。

かくいう筆者は今のチェアがマッチしていないのか、首や肩がガチガチになっている状態。「みんなどんなん使ってるの??」と気になってツイートしても誰も教えてくれないのでエンジニアさんにアンケート調査してみました。

本当におすすめできる作業用チェアはどのようなものなのか、現役エンジニアさんの生の声とともにおすすめ商品を紹介します。エンジニアに限らずリモートワーカーの方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事が捗る!現役エンジニアおすすめの作業用チェア5選


作業用チェアの満足度
7割ほどの方が満足しているよう

「長時間のパソコン作業が多いエンジニアさんに聞けば、おすすめの作業用チェアを知れるはず!」と考えたものの、知りたいのは「本当におすすめのチェア」なので、現状使っていて”本当に満足しているのか”も調査しました。

今回はエンジニアさんへのアンケートの中から、現在の作業用チェアに満足・大満足と答えた方が選んだ「仕事が捗る」とおすすめ作業用チェアを5つ紹介します。

ちなみに作業用チェア選びのポイントとして「長時間座っていても疲れなさそうか」「体が痛くならないか」「蒸れずに座っていられるか」を重視したという回答が多くありました。

一日中作業することが多い方や、腰痛・肩こりなどが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.AKRacing:Premium オフィスチェア

Premium オフィスチェア
出典:AKRacing

いわずと知れた大手ゲーミングチェアメーカーで、多くのゲーマーに愛用されていますが、オフィスシーンでの利用を想定したハイエンドモデルも販売しています。

ゲーミングチェアといえば派手な色味が特徴的で、見た目から嫌厭する方もいらっしゃるでしょう。オフィスチェアシリーズの一つである「Premium オフィスチェア」は、シックな見た目で使用しやすくなっています。

AKRacingチェアの基本コンセプトを活かしつつも、機能面・デザイン面ともに進化を遂げており、人間工学設計によって最適な姿勢に導いてくれるチェアです。

作業中の姿勢に合わせて前に傾く「座面チルト機能」を搭載しているので、前傾姿勢になりがちなパソコン作業に適した構造となっています。

長時間座ってても疲れない。首・腰の位置にクッションがあるので姿勢を維持しやすい

首や腰をしっかりサポートしてくれるとのことで、腰痛や肩こりなどが気になる方でも安心して使用できるでしょう。

(参考価格:税込69,800円。Amazonより2023年2月現在)

2.noblechairs(ノーブルチェアーズ):EPIC

noblechairs EPIC
出典:noblechairs

ドイツのゲーミングチェアメーカーであるノーブルチェアーズのチェアで、レーシングシートをモチーフにしたスポーティなデザインが特徴的です。

緩やかな曲線を描く独特のフォルムの背もたれが、頭や肩まで優しく包み込んで体をサポートしてくれます。

座面・背もたれにクッション性の高い高密度モールドウレタンが使用されており、体が沈み込まない適度な反発力で安定した座り心地となっています。

お尻が痛くならない、背もたれが頭まである、リクライニングできる

座面のクッション性の高さから、お尻が痛くないという声がありました。背もたれが頭まであるハイバックスタイルなので、首までしっかり支えてくれるのも魅力です。

ドイツメーカーの商品ではありますが、日本人でも座りやすいよう改良されており、体型に合った座り心地の良さを実現しています。

(参考価格:税込69,800円。Amazonより2023年2月現在)

3.KOKUYO:ingLIFE

ingLIFE
出典:KOKUYO Workstyle Shop

「仕事と生活を楽しむワーキングチェアー」がコンセプトのコクヨの作業用チェアで、座面が360°自由に動くようになっているのが特徴的です。

グラグラとグライディングするため、バランスボールのような感覚で座る斬新な椅子。前傾姿勢になっても背にもたれても、座っているだけで背骨がS字形状となるよう整えてくれるので、自然に快適な姿勢を保てます。

座面が前後左右に揺れ、不安定なので腰を動かすことになります。それが体操になって割といい感じです

バネを使わず重力で座面を動かす機構を採用しているので、座る人の体重・体格に応じた心地よい動きを作り出してくれます。座り心地を想像しにくいチェアですが、全国各地で体感できるので気になる方は試してみてください。

またカスタマイズ性が高いのもポイント。肘掛けの有無や座面の種類、背もたれの種類、脚のタイプ、カラーリングと選べる項目が多岐にわたるので、部屋に合ったデザインを選べます。

リビングやダイニングなどでも使いやすいデザインなので、コンセプト通り仕事も生活もシームレスに楽しめる椅子です。

(参考価格:税込110,770円。楽天市場より2023年2月現在)

4.Herman Miller(ハーマンミラー):Sayl Chairs(セイルチェア)

ハーマンミラー セイルチェア
出典:Herman Miller

人間工学に基づいたホームオフィスチェアを多数手掛ける、アメリカの大手家具メーカー「ハーマンミラー」の代表的なチェアです。

パソコン作業に適した「前傾チルト機能」が備わっているのが特徴です。

椅子全体が自然と前傾するようになっているので、前傾姿勢になりがちなパソコン作業中でも、背もたれから体が離れずサポートし続けてくれるように設計されています。

作業に集中して前傾姿勢になっている最中もサポートしてくれるので、体への負担を大幅に軽減してくれます。

前傾チルト機能など多機能であり、デザイン性が高いのが魅力

セイルチェアをおすすめしてくれたエンジニアさんも、この機能に魅力を感じているようです。

また帆を張ったようなメッシュの背もたれも魅力で、デザイン性の高さもポイント。ゴールデンゲートブリッジから着想を得たデザインは、おしゃれなインテリアとして映えるのでモチベーショアップにも繋がります。

(参考価格:税込104,500円。楽天市場より2023年2月現在)

5.Herman Miller:アーロンチェア

ハーマンミラー アーロンチェア

同じくハーマンミラーの製品で、人間工学に基づいた機能性と高いデザイン性を両立させている作業用チェアです。

特許技術である「ポスチャーフィットSL」が背骨を自然なS字形状を維持できるようサポートしてくれることで、自然と理想的な姿勢で作業できます。

シンプルな見た目ですが、座面と背もたれは8つのゾーンに分けられており、それぞれ張力が異なるため、見た目からは想像できないクッション性を実現しており包み込むような座り心地を実現してくれます。

快適すぎて、時間を忘れて睡眠時間が減る

快適すぎて、立つことを忘れて睡眠時間が短くなる

その快適さは時間を忘れて作業に没頭してしまうほどなのだとか。シンプルで飽きがこないデザイン性と抜群の座り心地から、エンジニアから高い支持を得ています。

快適性を知りたい方は、都内であればショールームで体感することもできます。

(参考価格:税込229,982円。Amazonより2023年2月現在)

まとめ


座りっぱなしで仕事をすることが多いエンジニアにとって、作業用チェアは相棒ともいえる存在。こだわりを持って選んでいる方が多いようです。

いずれの製品も高機能かつデザイン性が高くなっているので、座っているときの心地良さだけでなく、見た目の良さからモチベーションアップにも繋がるでしょう。

とはいえ高額な商品も多いため「手が届かないかも」「失敗したときが怖い」と思われるかもしれませんが、最近は家具のレンタルやサブスクといったサービスもあるので、自宅環境で気軽に試すことも可能です。

収入を高めてワンランク上の作業用チェアを購入したい方は、リベロエンジニアのカジュアル面談で相談してみませんか?ぜひお気軽にご応募ください!

弊社が気になった方は是非、お気軽にカジュアル面談にご応募ください!

会社概要

wantedly

Shuhey Kaneko Official Shop

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

PAGE TOP