リベロエンジニア公式オウンドメディア。

採用

環境を最大限活用してキャリアアップ。エンジニアとして抱えていたモヤモヤを解消する仕組みがここにある【エンジニア松田 翔伍さん】

  • 松田 翔伍(まつだ しょうご)さん
  • 入社日 2018年8月入社
  • ポジション名 フロントエンドエンジニア

【保有資格】

  • 情報処理技術者
  • 基本情報技術者
  • SJC-P Sun認定Javaプログラマー

Q:入社前の簡単な経歴を教えてください


新卒でCADをメインにした中小SIerに入社しました。そこでウエディングサイト開発案件SES・社内Web案件を経験し、3年間勤務。その後、Webエンジニアとしてのスキルアップのためフリーランスに転身しました。

そうして再び、会社員としてサービス立ち上げを進める教育関連企業に入社して、現在リベロエンジニアでフロントエンドエンジニアでありながらフルスタックに近い働き方をしています。

ー 会社員→フリーランス→会社員という経歴なのですね。

そうですね。新卒で入社したSIerで働くうちに、思い描くキャリアパスとズレてしまったこともあり「スキルアップのためにも独立した方が早い」とフリーランスになりました。ただ、フリーランスとして食っていくには難しい局面もあり、再び会社員になり現在にいたります。

Q:現在担当している仕事について教えてください


転職支援サービスをスクラム開発中です。

チーム全員に明確な職位はありませんが、フロントエンド/サーバーサイドで分かれていて、フロントエンドとしてリード的なポジションを担当しています。元々サーバーサイドだったので、横断的にフルスタックとして動いています。

今のチームだと1番の古株ということもあり、現場担当としてマネージャーとお客様のヒアリングに同席することや新入社員のメンターも担当することなど、頼られる場面が多くなってきてますね。

Q:入社の経緯 / リベロエンジニアを知ったきっかけを教えてください


代表の金子のX(旧Twitter)で、クレイジーな会社があるな「理想論ばかりで会社としてやっていけるのか?」と興味をもったのがきっかけです。

ー というと?

ちょうど転職を考えていた理由が、エンジニアとしての待遇や労働環境への疑問だったんです。

前職は、私の考える技術職のイメージとの乖離が大きくて。会社の売上を作っているのはあくまで営業で、エンジニアはあんまり…と会社から満足いく評価・待遇を得られませんでした。

それに対してリベロエンジニアは「エンジニアをもっと自由に。」というミッションを掲げて、”業界の悪しき伝統や悪しき風習をぶっ壊す”といって高還元SESに取り組んでいたので「夢があるな」と思っていました。

ただ一方で、そんなやり方で会社が成り立つのか?と疑問に思うほど、クレイジーな人だな(笑)とも感じました。でも転職を考えたときに「せっかくなら話を聞いてみたいな」と思い、カジュアル面談に応募しました。


Q:入社の決め手を教えてください


まず給与計算のロジックが明瞭なところです。リベロエンジニアでは”単価の65%=額面給与”と明確に決まっています。

一般的なサラリーマンの昇給には昇進が必要だったり色々制限があったりしますが、リベロエンジニアでは現場での評価が、ダイレクトに給与へ反映されるのでやりがいにつながっています。

また過去の経験として「SESでは案件の人を増やせて一人前だぞ」みたいにいわれたんですが、人を増やせたところで簡単に給与は増えないじゃないですか?リベロエンジニアでは、自分で人を増やせると営業費で+αされて、動いた分だけ給与に還元されて満足しています。

あとは会社と従業員の関係が “パートナーシップ” を前提したものだったのも魅力でした。

会社運営には会社も人もどちらも必要不可欠。だからこそ、そこに優劣はないと思うんです。リベロエンジニアは、お互いの価値を尊重し合い、互いに同列で意見交換ができるところがいいなと感じました。

Q:リベロエンジニアのやりがい / おもしろさを教えてください

以前SEFスペシャルインタビューでも回答したのですが、自分のキャリアパスや自分が取り組みたい案件を自分で選べるのは嬉しいですね。ワークライフバランスやライフステージに合わせて、人生設計しやすいんです。

リベロエンジニアには指示や強制がありません。もちろん会社側としては「このお客さんとは繋がり持ちたいから、この案件に誰か入ってほしい」などの戦略は絶対あると思うんですよ。でも、それをエンジニアに無理強いはしてこないんです。

あとは社内に専門性の高いスペシャリストが多く在籍していて、刺激を受けるというのも1つですね。

例えば、金子がX(旧Twitter)で「とうとう単価200万プレーヤー生まれたわ」みたいなツイートしてたことありましたけど「マジかよ、エグ」ってびっくりしました。

ー リベロエンジニアの社内で同僚と会われるタイミングはあるんですか?

ないです。コミュニケーションは基本的に、Slackの雑談チャンネルとかでチャットですね。

オンライン上や間接的な話とかで、第一線で活躍しているメンバーの話を耳にするので「負けてらんねえな」って燃えますよね。

Q:リベロエンジニアでの苦労したことがあれば教えてください


実際に働いて苦労っていうのは特になかったんですけど、待機が前提で成り立っている形態ではないので、最初は「案件取れるのかな」という不安はありました(笑) 

ただ結局自分が責任を負ってるんで、頑張るしかないなと。

Q:よく利用している会社の制度を教えてください


「関東ITソフトウェア健康保険組合」の健歩大会*1ですね。奥さんもディズニーが好きなので、よく利用させてもらいます。

あとは、結婚休暇を使って沖縄に新婚旅行にも行きました。リベロエンジニアの結婚休暇はまるっと1週間お休みができるんです。

Q:仕事をする上で、一番大切にしていることを教えてください


1つ目は信頼を裏切らないこと。「積み上げるのには長い時間かかるのに、壊すのは一瞬」これが信頼だと思います。

例えば、病気になってしまったときに、会社に「ちょっと1ヶ月休みますね」って言って終わりじゃダメなんですよね。もちろん休む必要はありますが、ただ休むだけで終わらせず、自分ができることは十分にやってリカバリーする必要があると思っています。

もう1つは、相手の期待を越え続ける気持ちです。

相手からいただいた自分への期待値に対して、たとえ1%でも越え続ける。そうすることで価値が高められると考えています。

やはり現場でいい評価をもらいながら活躍し続けるためには、”自分自身の価値” を高め続けて、”信頼関係” を裏切らないでいることが大切だと思います。

Q:1日のスケジュールは?


基本的にはリモート業務で、週1~2日程度は出社しています。

  • 9:00:起床、身支度
  • 10:00~19:00:リモート業務(週1〜2日出社)
  • 19:00~20:00:夕食
  • 20:00~26:00:自由時間
  • 26:00:就寝

リモートワークが普及して、コミュニケーションが取りづらくなったという話はよく聞きますが、僕は全く苦にならず、むしろ通勤時間が減ったり自由時間が増えたりと嬉しいことづくしですね。

 ー 自由時間にはどういうことをされていますか?

最近だと、ひたすら引っ越しの準備ですね(笑)普段だったら、録画したアニメ・ドラマを観たりYouTube再生したりって感じで。あとは最近忙しくてできてないですけど、ゲームしたりですね。

あと犬を飼ってからは運動量が増えましたね。散歩に行くようになって、少し健康になったと思います。

Q:リベロエンジニアに興味を持っている人に一言


今フリーランスで、エージェント経由で仕事をもらってSES的な働き方をしている人なら、リベロエンジニアに入社すると働き方はそのままに社会的信用を得られるのでプラスしかありません。

フリーランスだと、部屋1つ借りるにも一苦労で、恐らく家を建てるためにローン組むのにも苦労するでしょうね。私もフリーランス時代に審査が通りやすそうなところをめちゃくちゃ探しましたが、選択肢が少なくてすごく大変でした。

リベロエンジニアは高還元なので、リベロエンジニアに入った方が同じ単価でも給料は増えると思います。むしろスキルや経験によってはさらに増える可能性もあります。

ただ…「保証第一」で考える人に、リベロエンジニアはマッチしません。

入れる案件がなくて待機になってしまった際や、パフォーマンスが出なくて契約終了になってしまった際に、誰かのせいにしたり、会社からの待機保証ありきで考えてたりしてしまう人は、多分リベロエンジニアにはいられないと思います。

どんな案件でも取り続けられるぐらいのスキルを身に付け続ける矜持を持っているからこそ、リベロエンジニアと平等な関係性でいられるんだと思います。

 ー 気軽に飛び込むのはおすすめできないということでしょうか?

いえ、今はいろんな方向のロールモデルになるメンバーが在籍しているので、むしろ飛び込みやすいと思います。

私が入社した数年前は、どんな人が所属しているのかほとんどわからなかったのですが、現在は”マネジメント系の人はこの案件でこんな単価もらってる”とか” インフラの人はこんな感じで何年働いている”とか”フロントエンドはこうやって徐々に単価が伸びてる”とかいっぱいモデルがいるんですよ。

色々な前例があるので「自分も頑張ればやれるかも」と、ポジティブに未来を描きやすい環境です。

恐らく家族を持っている人がリベロエンジニアに転職するというと、奥さんから「ほんとにその会社大丈夫なの?」と言われると思うんですけど、ロールモデルが豊富だと奥さんも安心しやすいはずですよ。

  1. ​​*健保大会とは:関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)の「健歩大会」は、ディズニーリゾートや USJ を楽しみながら歩く、健康増進を目的としたイベントです。健歩大会の利用補助券を使用すると、大人(18歳以上)の1デーパスポートが半額以下で利用できます。 ↩︎

弊社が気になった方は是非、お気軽にカジュアル面談にご応募ください!

会社概要

wantedly

Shuhey Kaneko Official Shop

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

PAGE TOP