リベロエンジニア公式オウンドメディア。

CORPORATE

【2023年最新】関東ITSの制度を利用して格安でサマーランドを満喫!

リベロエンジニアが加入している関東ITソフトウェア健康保険組合(以下、関東ITS)の魅力はこれまで何度かお伝えさせていただいておりますが、今回は「夏季プール・海の家」利用券を使用してサマーランドを満喫してきましたので、使用方法とサマーランド攻略ガイドをレポートさせていただきます!

まずはTOCOTOCO(トコトコ)を入手しよう


TOCOTOCO

関東ITSより定期的に発行されるトコトコという冊子に「夏季プール・海の家」利用券がついてきます。会社の担当の方にお願いしてまずはトコトコを入手しましょう。担当の方が関東ITSに請求し、冊子を入手→社員さんの手元に届くという流れかと思いますので6月くらいになったら「TOCOTOCO冊子は〜?」と聞いてみましょう。

こんな感じで利用券がついてきます

関東ITSのWEBサイト には利用券はありませんので注意しましょう。

ちなみに、現在サマーランドは日付指定チケットがないと入れない状況で、当日券の販売も無いのですが、こちらのトコトコチケットを利用しての入場の場合は当日チケットを持って窓口に行けばOKです!

私はA期間に息子と2人で行ったので1750円+750円=2500円で行けました。
通常価格ですと5900円なので半額以下で行くことができました。関東ITS最高です。

受付で申請しましょう

持っていくと便利なもの


1:スマホホルダー

園内はPayPayの支払いもOKだったりしますし、夏の思い出写真をたくさん撮影するためにもスマホホルダーにスマホを入れていくと何かと便利です。小銭なんかも一緒に入れられますし、とにかく便利です。サマーランドでも売っていますが、amazonで買うより2倍くらいの値段がしますのでとりあえずamazonあたりで買っておきましょう。

2:浮き輪

出典:PAL CLOSET

浮き輪の貸し出しもありますが、夏場はとにかく人数が多いため全て出払ってしまう可能性もあります。ですので浮き輪は持参した方がベターです。私はとりあえず3COINS(スリーコインズ)でちょっと早めに購入しておいた浮き輪と子供用のアームリングを持っていきました。2つでも660円…スリコ最高です。

スリコのアームリングで泳ぐ息子

3:ワンタッチテントと厚手のシート

有料休憩スペースもありますが、少しお値段がお高め(5,000円~10,000円)。今回は格安で満喫する方法を紹介するという趣旨ですので、屋外無料スペースへのテントの設置をおすすめさせていただきます。

楽天スーパーセールで買いました

こちらのようなワンタッチテントと厚手のレジャーシートが快適に過ごせます。(シートは薄いとお尻や足が痛くなります)屋内はテントの使用はNGですが屋外エリアだと使用ができます。ワンタッチテントはUVカットなものがおすすめです。また風に吹き飛ばされやすいので重りなどの工夫をお忘れなく。

4:クーラーボックス

ワンタッチテントの重りとしても、冷たいおしぼりや食べ物、飲み物の保管場所としても重宝するクーラーボックス。余裕があれば是非あるといい一品です。

5:お弁当、飲み物

サマーランド内にご飯を食べれるところはありますが、金額設定が高め&脂っこい、甘いものが多いのでお子様のいるご家庭は特にお弁当を持参することをオススメします。飲み物もお店で買うと300円からだったり自動販売機はあるもののプールエリアには無かったり品数が少なかったりするのでペットボトルで麦茶を凍らせていくなどすると良いかと思います。お菓子も持ち込みOKです。

かき氷は食べたいって言われたので買いました

6:前びらきのラッシュガード、日焼け止め

日焼け対策にあると便利です。また水から上がった時の寒さ対策にもあった方が何かと重宝します。

7:タオル、ビーチサンダル

水から上がって休憩する際にはタオルがあった方がいいです。座るところがビチャビチャになります。また、速乾性の高いビーチサンダルでそのまま行けばサマーランドで履き替えたりもしなくてOKですので楽です。

8:小銭(100円玉)

サマーランドの大きめコインロッカーは600円です。(ワンタッチテントが入る大きさのもの)両替機もありますがサクサク準備をしていち早くプールへ向かいたい方は準備しておくと楽です。必要最低限のお金だけ持って財布はロッカーに入れ、小銭をスマホホルダーやポケットに入れていくのが良いと思います。

9:目薬

水が大量に落ちてくるアトラクションでおもいがけず目に水が入りました

別に潜ったりしないし、目薬は必要ないかな…と思われるでしょうが、アクシデントはつきもの。周囲の方のボール遊びやら何やらで思いがけず目にプールの水が入ったりします。プールの水は塩素などで消毒されており、目が痛くなってしまいますので目薬を持って行った方が大変便利です。

10:ウェットシート、ゴミ袋

特に食べ物を食べる際、あると重宝します。テントの中で過ごしていると思いのほかゴミは出てくるので(お菓子の包装紙やら使い終わったウェットシートなど)ゴミ袋もあると尚GOODです。

プールで遊んだら遊園地エリアへ


とことん満喫する!という趣旨のもとサマーランドへ取材…ですのでプールでヘトヘトになりながらも遊園地エリアへも足を運んでみました。

観覧車から見える景色はとても綺麗でおすすめです

遊園地エリアはそこまでアトラクションは無いので連れ回されまくることはありませんでしたが、こどもにとってテンションの上がるスポットがいっぱい。

水が噴射されるピンクのヒマワリに大興奮

17時にプールを切り上げて遊園地エリアに行ってしまいましたが、18時を過ぎると人も少なくなりますので長蛇の列だったウォータースライダーに行ってもよかったかも…とも思ったり。(スライダーは身長制限がありますので、事前に確認してくださいね)
ということで、これからサマーランドへ行こうと思われている方にこのレポートが参考になれば幸いです!

東京サマーランド
〒197-0832 東京都あきる野市上代継 600
042-558-6511

弊社が気になった方は是非、お気軽にカジュアル面談にご応募ください!

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
リベロエンジニア 公式

フリーランスの感覚と会社組織の保証をもって、誰もが思うままに挑戦できる環境。 社会からプロフェッショナルな存在と認められ、技術を磨くことに集中できる環境。 高報酬と多様なキャリアの選択肢を約束する、健全でフェアな世界。 そして何より1人ひとりが楽しく働き、自己実現ができる世界。 理想的なエンジニアとしての働き方、パフォーマンスを最大化できる環境をリベロエンジニアは創っていきます。

  1. 【あばよ高還元SES:メンバー記事第5弾】|給与・関係性が「fair」かつ、どうするのかは100%自分次第。そんな環境で自ら市場価値を高めていくのが私にとっての SEF|松田翔伍

  2. 【あばよ高還元SES:メンバー記事第4弾】自分の意志でプロジェクトに携わり、仲間を集め、プロダクトを生み出していく。自ら fun を実現していくのが SEF|Saki

  3. 【あばよ高還元SES:メンバー記事第3弾】しがらみなく、自分自身の実力次第で新しい挑戦ができる環境が SES 企業の次なる未来、SEF|森本晃弘

  4. 【あばよ高還元SES:メンバー記事第2弾】能動的・主体的に動けるのに、会社員としてのセーフティネットもある。相反する2つを手に入れられるのが SEF|K.S

  5. 【あばよ高還元SES:メンバー記事第1弾】癖が強くて、一人でも食っていける個性的なメンバーと自由に徒党を組む。それが僕にとっての SEF|藤波大祐

  6. 【2023年最新】関東ITSの制度を利用して格安でサマーランドを満喫!

会社概要

wantedly

Shuhey Kaneko Official Shop

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

PAGE TOP