リベロエンジニア公式オウンドメディア。

LIFE

海外移住のためにネットを駆使して不用品処分を試みた結果

春ですね!

春と言えば出会いと別れ、新生活の始まり、というイメージが強いのではないでしょうか。

また2023年の3月は13日から長らく続いたマスク着用が屋内、屋外問わず個人の判断にゆだねられるようになります。花粉による影響でマスク着用のままの人が多い気がしないでもありませんが。

そんな春ですが、引っ越しのシーズンでもありますね。
引っ越しと言えば荷造りやら片付けやら不用品処分やらで色々と大変ですが、実は筆者も引っ越しをすることになりました。しかも海外移住というまさかの大掛かりな引っ越し。

今回はネットなどを駆使してちょっとIT業界にいる人っぽい方法かつなるべく捨てずに不用品を処分する方法を試みてみました。

引っ越しのみならず思い切っての断捨離などを考えている方にも使える方法なので是非参考にしてみてくださいね。

不用品処分は大変!特に家電リサイクル法


おおがかりな処分を伴う引っ越しや断捨離の場合、一言で処分と言ってもぽいぽいぽーいと捨てるわけにもいきません。大きなものであれば粗大ごみとして捨てる際には有料ですし、さらには家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)に該当する家電においてはおいそれと簡単に処分することすらできず専門の業者に依頼して処分してもらわなくてはいけません。

一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

経済産業省:家電リサイクル法

ネットを最大限駆使した方法で不用品処分


と、いうことで家具家電をなるべく捨てずに、お金をかけずに、むしろちょっとお小遣い程度の収入にしたいと考えました。

そこでメルカリやジモティーなどの利用を考えましたが燃えるごみなどに簡単に出すことが出来ないもので引き取ってもらいたいものはなんだかんだと列挙していくと50点以上あったため、ひとつひとつ掲載して、というのが面倒でした。

サイトを作る

効率的にすべてを引き取り手(買い手)の方に見てもらえるように、かつ自分の手間を少しでも減らすために考えたのが、サイトを作る、でした。

筆者はライターですが、webディレクター経験やブログの収益化などを行っていた経験もあるため簡単なサイト作成であれば出来ます。

載せたいものの写真を撮りつつ、面倒であれば購入時のサイトの写真を使う、というのもひとつの手です。
wordpressのテンプレートなどを利用し、カラムなどを使えばシンプルで簡単にサイト作成が出来るので、このようなサイトを数時間で作ってみました。

ポイントは使用期間や状態などを記載することですね。

きっかけとなる投稿をいくつか仕掛ける

サイト作成した後は、いくつか食いつきの良さそうな家具家電をピックアップしてジモティーに載せます。
そこの紹介文に、他にも多数出品しています、などの文言とともに作成したサイトのURLを載せます

そうすると投稿を見た方々から、これも合わせて引き取りたい、などという連絡がくる、という寸法です。

結果、ネットを駆使した不用品処分はとてもうまくいった


結果として大成功でした

〇がついているものは引き取られた(売れた)もの

実に50点近くの家具家電を引き取ってもらうことが出来、粗大ゴミや業者に依頼しての不用品回収を最小限に抑えることが出来ました!

引き取ってもらえなかったものもあるが得たものが大きい

残念ながら年式が古かったこともあり、冷蔵庫、洗濯機を引き取ってもらうことはできませんでしたが、最終的には不用品を売って得たお金で、不用品回収業者への支払いを済ませられました。

さらには元々売りに出さずに粗大ゴミとして処分することを決めていた布団類、マットレスの処分のための費用を支払ってもその倍以上の金額が手元に残りました。

やってみて感じた使い分けのポイント


今回筆者は自分で宅配などで送るというのが面倒で、引き取りに来てくださる方限定という条件にしたためジモティーとの相性がいいと感じたのでジモティーにしました。
その他のサービスなどもあるので自分の状況にあったサービスを利用するのがよいでしょう。(※サービスによってはそもそも外部へのリンクなどを貼る行為が禁止という場合もあるので規約などをチェックしましょう)

家具家電など大きめのものだから直接取りに来て欲しい、だとか、無料でもいいから引き取ってもらいたい、という場合はジモティーが良いと個人的に思いますが、ゲームソフトだとか値段が付きやすく、宅配などで送るのが大変ではないものに関してはメルカリなどのサービスが相性がいいのではないかなと感じました。

実際にSwitchのソフトをジモティーに出してもあまり閲覧も増えず、問い合わせもありませんでしたが、メルカリに載せた途端に売れました。

うまく使い分けることで処分したいもの、売りたいものを余すことなく効率よく送り出すことが出来るでしょう。

思っているよりも沢山のものに囲まれている私達


定期的に断捨離を行っているつもりでしたが、今回転居の伴ってスーツケース2つと段ボール2つ程度に収めようと試みたところ、想像以上に大変でした。

生きていると思っている以上に沢山のものを抱え込み、溜め込んでいるのだなぁと改めて思いました。

今は物凄く身軽です。今後、家を持つことになるのですが、それでもあまり物を増やさないようにしよう、と思いました。思うのはタダですからね!志だけでも…。

災害などに備えて貯えが全くないのも困りますが、いらないもの、使っていないもので他の人が使えるもの、欲しているものがあるかもしれません。

この春、ちょこっと見直してみるのもいいかもしれません。

弊社が気になった方は是非、お気軽にカジュアル面談にご応募ください!

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
ろーく

ライターとしてWEB媒体やシナリオなどを手掛ける。生まれ育った環境の影響で理想のライフスタイルを目指し、日本とロンドンを拠点にフリーランスで場所や時間が自由な働き方を実現中。台湾生まれの日台ハーフ。住んだことのある国はシンガポール・マレーシア・日本・イギリス。SEO対策やイラストなどのお仕事も。

  1. エンジニアが手放せないアプリとエンジニアならではの使用方法

  2. 【デスク環境 リベンジ!】筋肉エンジニア 藤波大祐 再び

  3. 画像生成AIをビジネス活用・実務利用できる未来はすぐそこに!ひと足先にリベロエンジニアがトライアンドエラーしまくってみた

  4. E-ink 電子ペーパーの今!ディスプレイの疲れ目とデジタルデトックス

  5. コピペだけで出来ちゃう!?ChatGPTを使ってウェブサイト作ってみた

  6. 夏バテにはうなぎ!見た目や味が衝撃的なイギリス料理編【エンジニア飯】

会社概要

wantedly

Shuhey Kaneko Official Shop

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

PAGE TOP